スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕎麦工房 膳@京都市

大晦日といえば蕎麦ですが、当日に食べるのは嫌なので一足先に頂いてきました。

そして、美味しい蕎麦を食べたければ京都に行きます。

うどん文化の関西の中で、京都は例外的に蕎麦文化なのであります。

去年の年末は亀岡で蕎麦を食べましたが、今年は伏見区にある「蕎麦工房 膳」で頂きました。

DSCF8110.jpg

「食べログ」でも評価の高いところです。

平日なのに開店直後から人が次々と入ってきます。

それゆえに待たされるので、余裕があるときでないと難しいですね。

週のうち4日しか、しかもお昼のみしか空いていないので無理もありませんが・・・

メニューも少なくて、温かい蕎麦はなく、冷たい蕎麦が3種類しかありません。

その中でシンプルな(一番お手頃なともいいますが)「もりそば」を頂くことにしました。

800円になります。

DSCF8094.jpg

まず、蕎麦つゆと薬味と「細かい目」の蕎麦が出てきます。

きめの細かな山葵を少量蕎麦に付けて頂きました。

のどごしがよく、細いけど蕎麦の風味が感じられる美味しい蕎麦だと思います(⌒▽⌒)

食べ終わると、今度は「荒い目」の蕎麦が出てきます。

DSCF8103.jpg

こちらの方は、一転太い蕎麦です。

食感も表面がねっとりしているような感じです。

こちらの方も美味しいですが、個人的には「細かい目」のほうが好きですね。

ちなみに、この時の蕎麦は長野県塩尻産でした。

蕎麦を食べ終わると、蕎麦湯です。

DSCF8109.jpg

美味しくって飲めるだけ飲んじゃいました。

ほっこりする美味しさですね。



蕎麦のことには詳しくないのですが、素人にも美味しいと思える蕎麦でしたよ。

営業時間が限られているのがネックですが、また行きたい蕎麦屋さんでした。

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

放浪犬ポテ

Author:放浪犬ポテ
ここは『放浪犬ポテの奮闘記』の姉妹ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。