スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン 京都 てんぐ 常盤店@京都市

かつて、京都の人気ラーメン店に『杉千代』という店がありました。

駅からはやや離れたところにありながらも、その美味しさが口コミで広がり、遂にはカップラーメンになったほどの店なのですが、残念ながら行く前に閉店してしまいました。

しかし、そちらで働いていた方が独立して店を構えているというので、京都は常盤というところまで行ってきました。

『ラーメン 京都 てんぐ 常盤店』です。

DSCF9143.jpg

いわゆる、京都ラーメンの内、背脂系に分類されるラーメンのようですね。

醤油味・塩味・味噌味がありましたが、デフォと思われる・・・

DSCF9145.jpg

「てんぐラーメン(並)」600円を頂くことにしました。

豚骨と鶏骨から取ったスープに和風出汁をブレンドしているようです。

豚骨と醤油だれが強く、鶏や和風出汁はわき役といった印象ですが、最初の一口は美味しいと思いました。

しかし、特に京都ラーメンに言えることですが、食べ進むにつれて、だんだんと味を感じなくなって来ることがあるのですが、こちらのラーメンも同じように・・・

なぜかはわからないのですが、ひょっとしたら味が濃すぎるのかもしれませんね。

和食の世界では、「最初の一口は物足りないくらいのほうがよい」という話を聞きます。

最初は物足りなくても、だんだんとちょうど良い味加減になっていくそうなのです。

烏龍茶とかあれば口をリセットできたかもしれませんね。

ちなみに、麺は、京都ラーメンらしい細麺でした。

もうちょっと太いほうが好きなんですけど、京都ラーメンといえばこの麺なので仕方がないですね。

ちなみに、残ったチャーシューは、葱と一緒に「ライス」100円の上に乗せて、即席のチャーシュー丼にして頂きました(笑)



最初の一口は本当に美味しかったんですけどねぇ。

葱とか多めに入れてみたほうがよかったのかも?

普通は、葱ってやつはスープの味を壊すのであまり入れたくないんですけど、これぐらい濃いスープだと葱入れは有効な手かもしれませんね。

『杉千代』もこんな感じだったのかな・・・

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

放浪犬ポテ

Author:放浪犬ポテ
ここは『放浪犬ポテの奮闘記』の姉妹ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。